顔を小さくする方法

看護師

整形手術で顔を小さくする

美しく、スタイルよく自分を見せたいという場合、顔を小さく見せるように工夫することがあります。化粧などで小顔に見せる方法もありますが、整形などで実際に顔を小さくする方法を選択する人もいます。小顔整形は、骨を削るという整形のほかに、ボトックス注射という方法もあります。この方法は、注射をするだけなので、骨を削るのに比べ体の負担が少ないのが特徴です。ボトックス注射はシワを目立たなくする整形などにも使用されます。その仕組みは、注射によって神経の収縮を抑制することによってシワができにくくなります。顔を小さくする整形でも、その仕組みは同じです。エラの部分に注射を行うと、その部分の神経が抑制され、動きが抑えられます。その結果、エラの筋肉が細くなり、目立たなくなるため、顔が小さくなるのです。効果は、注射後1週間くらいから実感できるようになります。そして半年〜1年程度、その効果は持続します。その期間を過ぎると元の状態に戻りますが、定期的にボトックス注射をすることで、効果を持続させることができます。最近では、小顔整形に、このボトックス注射による方法を選ぶ人も増えています。注射をするだけなので、施術時間も非常に短くてすみ、切開しないので麻酔をする必要もなく、傷跡の心配もありません。そのため、整形をしたことを周りに知られずに小顔にすることも可能です。痛みに弱い人でも、注射をする時の痛みだけで済む点もメリットとなります。さらに痛みが嫌な人は、相談すると部分麻酔などをしてくれるクリニッなどもあるので痛みを最小限に抑えることも可能です。施術後見られる効果は筋肉が細くなるにつれ徐々に反映されるので、自然な感じで、いつの間にか顔が小さくなった印象となります。そして、効果は一定期間経つと消えるため、施術後どうなるかが気になる人でも1回だけやってみるという選択をすることができます。元に戻るときにも、急に戻るのではなく、少しずつ戻るため、やはり自然な感じで戻ることが可能です。また、骨を削る整形などに比べ、1回の施術費用が安いことも、ボトックス注射を選択する人が増えている要因の一つとなっています。

注射

手軽に行える手術です

ボトックス注射はボツリヌス菌によって筋肉の動きを抑制します。そのため表情筋による張ったエラに効果を発揮し、小顔に見せてくれます。クリニックによって使われる製剤や費用は違ってきます。事前にホームページなどで調べてください。

カウンセリング

硬い食品は控えよう

優れた筋弛緩作用で小顔にしてくれるボトックスのエラ治療は、術後の咀嚼で違和感を覚える副作用もありますが、副作用がなくても硬い食品は控えた方が良いでしょう。エラ骨が張っている人でも今より顔を小さくできることが、ボトックスのエラ治療の効果です。

女医

お得に申し込もう

紹介プログラムなどの割引特典を提供する美容外科で、ボトックスの小顔整形を受ける場合、そのクリニックの利用者に紹介してもらう形で申し込みますとお得になります。特別な日のためにボトックスの小顔整形を受ける時は、早めに治療を済ませておきましょう。

注射

顔を小さくしたい時には

小顔にすることができるボトックス注射は、多くのクリニックで行われています。施術前には、カウンセリングや診察を行うので、気になることはここで解決することができます。クリニックの雰囲気なども参考にすると自分に合ったクリニックを見つけられます。

女性

治療は注射だけ

治療の説明や仕上がり具合の相談など、ボトックスの小顔整形はカウンセリングから始まり、麻酔などをしてからエラに薬を注射していきます。ボトックスの小顔整形を受けるなら、経験豊富な医師や、アフターフォローも重視している美容外科を選びましょう。

Copyright© 2018 小顔整形に最適なボトックス注射【体の負担が少ないのが特徴】 All Rights Reserved.