治療は注射だけ

女性

基本的な流れと選び方

全体的な治療の説明をはじめ、どんな小顔になりたいのか、仕上がりに対する希望も伝えられるのがカウンセリングです。ボトックスの小顔整形でも治療の前に必ず行われますから、質問や伝えたい希望がある場合は予め考えておくと良いでしょう。また、何かの治療でお薬を飲んでいる人はその薬品名も医師に申し出ておき、アレルギーの有無なども話しておいてください。ボトックスはエラの咬筋に打ちますが、注入量は筋肉の状態によって変わるため、ドクターが診察で適切な量を調べてくれます。場合によってはメイクを落とした方が良いケースもあるので、その際は医師の指示に従いましょう。そして、仕上がりデザインなどの打ち合わせが終われば最終的な金額を教えてくれますから、全てOKなら治療を頼み、同意書に署名したり支払いを済ませたりします。その後はエラにマーキングなどを行いますが、麻酔がセットになっている美容外科や、オプションで依頼した場合は麻酔をしてくれるため、注射時の痛みはそれほど感じません。それ以外は注射する皮膚をしっかり冷却し、痛みを軽減してから左右のエラにボトックスを数か所ずつ注入していきます。安全なことでもボトックスの小顔整形は知られていますが、治療を受ける時はアフターフォローを重視している美容クリニックを選べば、さらに安心です。ボトックスの小顔整形はリピート注射も効果的なため、特にその治療スタイルをご検討中なら、掛かり付け医として利用できる相性の良い医院を選びましょう。また、アイシングだけでも受けられる治療ではありますが、痛みに敏感な人は静脈麻酔も行ってくれる美容外科を探すのも有効です。例えば眠っている状態でボトックスを注射してもらえば痛みを意識せずに済みますから、クリニック選びのポイントにしておくと良いでしょう。そしてボトックスの小顔整形は、エラの筋肉にバランス良く、しかも正確に打たなければ効果を最大限に発揮しません。それ故に上質な治療を受けたい時は、経験豊かなドクターを選ぶことも不可欠となっています。このほか、できるだけ人目を避けて小顔になりたいなら、個室状態の待合ブースが完備されているなど、プライバシーの充実性も加味しましょう。

Copyright© 2018 小顔整形に最適なボトックス注射【体の負担が少ないのが特徴】 All Rights Reserved.