顔を小さくしたい時には

注射

クリニックで行われること

小顔にする整形手術の一つに、ボツリヌス菌の毒素を利用して作られた薬を使用するボトックス注射があります。薬の効果によって、エラの部分にある咬筋という筋肉がやせて細くなり、顔が小さくなるという方法です。毒素そのものではなく医薬品となっているものを使用するので、高い安全性があります。このボトックス注射で小顔にする方法は、さまざまな美容クリニックが行っています。おおまかな流れとしては、まず、カウンセリングを受けます。ここでは施術の内容や効果などの説明や、患者さんの希望などの聞き取りが行われます。その後、診察をし実際に注射を行うことになります。カウンセリングは無料でできるクリニックなどもあり、最初はカウンセリングのみ行えるところもあります。注射の前に希望があれば表面麻酔をしてくれるクリニックもあります。痛みに弱い人はこのようなクリニックを選ぶと安心です。施術時間は数十分というのが一般的です。また、多くのクリニックではプライバシーに配慮しています。個室を完備している施設もあります。ボトックス注射は、注射をするだけという、整形手術の中では比較的簡単な部類に入る方法です。しかし、希望通りの小顔になるのか気になる人もいるかもしれません。ボトックス注射の特徴の一つに、効果が永久ではないということがあります。1回の注射による効果は、人により異なりますが、大体6か月〜1年くらいです。それを過ぎると元に戻るため、試しにやってみるということが可能な整形手術ということができます。施術後の小顔が気に入り、その状態を維持したい場合は、定期的に注射をすれば維持することができます。料金は、クリニックにより異なります。しかし、料金だけにこだわるのではなく、クリニックの雰囲気や、医師、スタッフの対応なども含めて考えるようにすると、自分に合ったクリニックを探すことができます。カウンセリングでは、不安なことは遠慮しないでどんどん質問したほうが、安心して施術を受けることができるようになります。また、定期的に施術を受けることになる可能性もあるので、通いやすい場所かどうかなども考慮にいれておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 小顔整形に最適なボトックス注射【体の負担が少ないのが特徴】 All Rights Reserved.